TOMOWEL Payment Service 株式会社
資料請求 残高照会 お問い合わせ
カテゴリ:事例

【対談:神山泉×門間孝之】コロナの脅威にはこれで勝つ!

対談神山×門間

世界の山ちゃんが挑戦する店舗運営のキャッシュレス効率化

現在コロナの脅威は、外食業界に申告な打撃を与えている。このような状況下で多店舗展開を行う居酒屋チェーンは、どのような生き残り策を考えているのか?またコロナ後を見据えて、どのような準備を進めているのだろうか?名古屋名物の手羽先を主力商品に、「世界の山ちゃん」を全国へと展開する株式会社エスワイフードの管理部部長、門間高之氏にお話しを聞いた。(インタビュアー 本誌主幹 神山泉)
 

コロナの影響は名古屋名物にも


神山:2020年から今年にかけては、新型コロナ感染症で外食業界は大きな影響を受けました。外食産業全体の売上としては25兆円から20兆に落ち込むとも言われていますが、エスワイフードの現況はいかがですか?

門間:はい、もちろん弊社も大きな影響をうけています。昨年一年間で10店舗ほど、大型店を中心に閉店せざるを得ませんでした。宴会などが自粛されたため、どうしても宴会場のある大型店を維持できなくなってしまったのです。デリバリーなども使っていますが、弊社出店にドミナント戦略(近いエリアに集中して多店舗展開行う戦略)を用いていて、近郊の店舗が影響し合ってしまうので全店では展開できていません。ランチ営業なども行っている店舗もあるのですが、効率は今一つです。
インバウンドや国内観光のお客様が減ったことも大きく影響しています。東京近郊の店舗は「居酒屋」としてご利用していただいているのですが、名古屋の店舗は「名古屋名物」としてご来店をいただいています。外国からはもちろん、国内の移動が制限されていることは痛いですね。

現金精算のために埼玉から東京へ移動


神山:特にテーブルサービスは大きな影響をうけていますよね。店内の消毒であるとかアクリル板の設置であるとか、コロナの感染拡大がなければ必要なかった仕事も多く発生していると思います。そんな中、本社含め店舗の効率化はどのように進められておられますか?

門間:2019年の10月から増税を機に軽減税率が導入され、同時期にキャッシュレス決済の「ポイント還元制度」が始まりました。これにより個人のキャッシュレス化が大きく進み始めたのですが、弊社もこの時期から本社内や店舗のキャッシュレス化を本格的に始めました。

神山:売上のキャッシュレス対応だけでなく、お店の様々な経費についてもですね?
以前はどう対応されていたのでしょう?外食業は小銭の出費も多く、レジから仮払いをすると方法はよくありますが。

門間:弊社では、店舗の経費をレジから仮払いすることはしていません。月初に本社などで仮払いを行い、店長が管理をして月末に清算する方式にしていました。店舗で小口現金が必要になるケースは大きく2つ。食材や備品の購入と、「日雇いシステム」の日払い給与です。

神山:日払い給与?食材や備品の購入はわかりますが、店舗で日払いが発生するのですか?

門間:「日雇いシステム」は弊社独自の人材活用策で、人手が足りないときにOBに応援を頼み、日雇いで働いてもらうシステムです。スキルが高く、勝手もわかっている人を呼ぶので、即戦力でとても助かります。各店舗の店長が独自の人脈を持っているので、店長の人徳が問われるシステムとも言えますね(笑)。
他にも備品や消耗品の購入が必要ですし、食材もお客様のリクエストでメニュー以外の料理を作る場合などがあり、小口現金は欠かせませんでした。しかしこれらは仮払いと清算が問題で、たとえば関東であれば埼玉から東京・新宿の関東事務所まで、わざわざ足を運ばねばならなかったのです。

キャッシュレスで進める会社全体の効率化


神山:現金の受け取りと清算のために、月一回は店長が遠方の事務所に出向くわけですね?

門間:そうです。\店長の貴重な時間を使ってしまう移動はなくしてしまいたいし、管理側としても領収書の束と格闘する手間を削減するため、店舗のキャッシュレス化を積極的に進めたかった。このような経緯で日払いには給与前払いシステムを、食材や備品の購入などにはBizプリカを導入しました。

神山:小口現金の仮払いや清算をなくすためBizプリカを導入した決めては何でしたか?

門間:クレジットカードに比べて導入が簡単で、ランニングコストも低いことです。クレジットカードだと、発行に手間と時間がかかり数千円の年会費も必要になります。Bizプリカならすぐに発行されて、月に1枚100円のコストしかかかりません。セキュリティも申し分ないですね。チャージした金額しか使えませんから、これは仮払いと同じ感覚で、店長も受け入れやすかったと思います。クレジットカードのように上限金額がないので、上限を上げる手続きも必要ない。店長から電話があればすぐに必要金額を本社のパソコンからチャージでき、カードを紛失した場合には即座にチャージを戻せます。
店舗では必要金額チャージされたBizプリカをクレジットカード同じ感覚で使え、月末までに領収書を事務所に送れば清算作業も必要もありません。何より店舗で現金管理する必要がないのが良いですね。弊社では2019年に全店舗に導入し、店長一人ひとりにBizプリカが紐付いています。 それともう一つ導入の決め手になったのが、締めがズレない点です。パソコンの管理画面では使った内容が即座に見られるし、この画面から利用履歴をcsvで出力できるのでレシートと突き合わせてすぐに清算できます。クレジットカードのように、弊社の締めとカード会社の締めがズレないのです。これは管理側にとってはものすごく助かります。

現金精算は7割減、店長の時間10時間以上の効率化


神山:Bizプリカの導入は店舗の効率化にかなり寄与しているようですが、本社や事務所の効率化にも役立っているのですね?

対談

門間:まず店舗については供与前払いシステムとの抱き合わせ効果になりますが、現金の比率が3割まで減りました。店によっては商店会費などがあって、これはさすがにBizプリカでは支払えないのでまだ現金が必要です(笑)。それでも時間的には、店長の時間が月に10時間以上は効率化できていると思います。
本社などについては、仮払いする必要がないので社内の現金が減りました。これはセキュリティ的にも大きいことですね。また本社ではクラウド経費精算システムを導入していることもあり、シームレスにデータを移行できるので小口清算業務も大変効率化することができました。

神山:なるほど。Bizプリカも含めた総合的なキャッシュレス化と経費精算のデジタル化で、とても効率が上がっているのですね。課題などはありませんか?

門間:Bizプリカはマスターカードが使える店舗ならどこでも使えるのですが、100均ショップや町の八百屋さんなどは使えないのが少し困りますね(笑)。まぁこれはクレジットカード全般が使えませんから、Bizプリカ固有の問題ではりませんが。
弊社では店長以外にも、店舗の修繕を担当する社員にBizプリカを持たせているのです。こまごまとした部品を100均ショップで買うこともあるので、もっといろいろなお店でキャッシュレス化が進んでくれれば更に便利になるだろうと思っています。

お客様へのホスピタリティに経費を使う


神山:最後に、エスワイフードの今後の展開についてお聞かせください。

門間:キャッシュレス化については、今後も本社や店舗で継続的に進めていきたいと重いっています。交通費、特に電車代などはまだ現金清算なので、いずれはキャッシュレスにする方法を考えたいですね。 弊社は今後も全国展開を進めていきます。先代(創業者 故・山本重雄)は各都道府県に山ちゃんを出店したいと言っていましたから。小型店や新業態のお店も出して、ファミリー層を積極的に取り込んでいきたいと考えています。お客様へのホスピタリティに関わる経費は惜しみませんが、多くのお店を出すのなら、それ以外の経費はどんどん削減していくべきだと思っています。 Bizプリカは、リスクがクレジットカードより低く、導入のハードルも低い。チャージが簡単で使い勝手も良い。これから展開する新しい業態の店舗にも、どんどん活用していきますよ。

資料
請求
ご入会